前へ
次へ

英会話を習得するには洋画、洋楽から

英会話の学習法として、洋画を見る、洋楽を聞くことがよく挙げられる。とくに洋画は、オススメの学習法としてよく話題になる。それは、学校で学ぶような英語は単語や文法を主に学ぶので、表現が硬く、会話では使えないものも多くあるからだ。例えばHow are you I am fine thank youという会話は日本人にとっては英語の基本的な挨拶だか、この会話は実はとても硬い表情なのである。もっとくだけた表現を基本は使う。この場合だと、How are you doing Goodのように。また、英語を日本人の先生が教えることも多いので、ネイティブな発音がわからない、実はあっていないなどと言うこともある。その問題を解決するために洋楽を見るのがいいのである。洋画は、英語のくだけた話し方がよく使われる。英語の文法ではなく英会話を学ぶならこちらの方が手っ取り早いだろう。最初から字幕なしなんて無理な話だ。だからまず日本語の字幕をつけ、そのあと英字の字幕をつけ、表現を身につけ、また日本語の字幕をみる。これを繰り返すだいぶ上達する。学校でやる文法も大事だが、会話をするためには会話を聞くのが一番いいのである。

Page Top